akiの道楽散財BLOG

道楽 散財 遊びに真面目

車のコーティングに力を入れてみた!!

こんにちはaki(@aki)です!

 

今日は先日、愛車のランドクルーザープラドのコーティングをしたのでそれを記事にしてみました。

 

 

www.akiblo0704.com

 愛車の紹介記事です!

良かったらご覧ください。

 

 

さてさて コーティングといっても、ボディに施工するコーティングではなく窓ガラスに施工するいわゆるガラコというものです。

 

 

 ガラコとは

 

まずガラコとは、車の窓ガラスに施工するガラスコーティングのことで、雨の日の視界を確保する目的で使用します。

 

 

 

車を運転する人ならわかる人も多いと思いますが、雨の日は水滴で視界が悪く、ワイパーを高速で動かさなければなりません。

 

ワイパー自体の動きで気も取られますし、油膜などで視界もさらに悪くなります。

 

そこで使用するのがガラコというわけです。

 

 

使用方法

 

油膜、うろこ取り

 
まずガラコを施工する前に、下地処理として油膜や窓ガラスについているウロコを取っていきます。

 

 

 

 akiはこのアメットビーを使って下地処理をします。

 

油膜取りは似たような商品がたくさんありますが、どれを使っても効果は変わらないと思います。

 

新車購入後こまめに洗車していましたが、結構ウロコや油膜がついているもんですね!

 

処理前⇩

f:id:k-break0704:20190128221925j:plain

 

施工中⇩

f:id:k-break0704:20190128222344j:plain

 

施工後⇩

f:id:k-break0704:20190128222426j:plain

 

油膜が取れて親水状態になりました。

 

 

ガラコ施工

 

下地処理をしっかりと行った上でガラコを施工していきます。

 

施工方法は、ガラコを塗って5~10分乾燥させ、乾拭きしていくだけです。

 

ガラコ自体はすごく簡単に施工できます。

 

 

まとめ

 

ガラスコーティングのコツとしては、やはり下地処理です。下地処理が丁寧にできているかで完成した時の出来栄えにかなり差ができてきます。

 

またガラコや油膜取りは、窓ガラス以外には絶対に使用しないほうがいいです。

 

ゴム製のパーツについてしまった場合は、すぐに洗い流すことをお勧めします。

 

窓ガラスは運転中大半の時間見ていますし、窓ガラスがきれいになると、車に乗るのがさらに楽しくなります。

 

皆さんも一度試してみては!!