akiの道楽散財BLOG

道楽 散財 遊びに真面目

「悲報」 怒る人怒られる人には驚きの理由があった。。。

こんにちはakiです!

 

今日は怒る人怒られる人の驚きの理由についてブログを書いていこうと思います。

 

 

  1.  怒ると叱るの違いについて

    まず怒ると叱るの違いについて説明できますか?

    怒るとは、自分の中に溜まっているストレスを相手にぶつけることが目的であり愛情などは存在せず、まず相手のことなどは気にしていません。

    叱るとは、相手を思い相手の為になるように指摘することであり愛情が感じられます。

  2. 怒る人の特徴

    怒る人の特徴として、余裕がないプライドが高い自己顕示欲が強いなどの理由があります。リスクをしっかりと管理できていないため、余裕がなくなり自分の立場やプライドを守るために相手に対して怒るというただアウトプットしたいだけの人間に多いです。また、怒る人は相手の至らないミスを探し出してただ怒りたいがために怒っていて、自分の中に溜まっているストレスを吐き出したいために怒っています。*1



  3. 怒られやすい人の特徴

    残念ながら怒られる人には理由があります。怒られる人は、「怒りやすい人」です。怒っている人が怒りやすい人を選び、その人を標的にし自分の鬱憤を吐き出しています。また、怒られやすい人の特徴は、真面目で嫌な思いをしても我慢をしてしまう人です。怒られても、我慢していれば必ず良いことがあると思い込んでじっと我慢してしまうタイプが怒りの標的にされやすいです。



  4. 怒られない人になるには

    怒られない人になるには、いい子をやめる必要があります。怒られたときにじっと我慢してしまうことはあまりよくありません。わがままでもいいと思うので、自分を押し殺さず自己主張をしていきましょう



  5. 怒られたときの対処法

    怒られたときはまず、相手が何を言っているのか、何を伝えたいのかをよく聞いて考えましょう。怒られているときに、そんな余裕はないかもしれませんがよく聞き、もし分からなければ落ち着いて質問を返しましょう。また、怒っている人には必ずツッコミどころが存在します。そのツッコミどころを冷静に判断して、聞き返しましょう。


    怒る人      「ミーティングは3人でやれ」
    怒られている人  「〇〇さんはなぜミーティングは3人という判断をされる
              のですか?」



    このように、話の流れ等もありますが質問で返すのはかなり有効です。怒っている人に対して、少しだけめんどくさいと思わせたら成功になります。


  6. まとめ

    叱るではなく、怒るという人はどんな理由であれよくありません。
    ですが、叱られている場合は話をよく聞き反省して次に生かしましょう。

    また、怒る人は余裕がない為ある意味かなりかっこ悪いです。

    怒られない人になるために、いい子でいる自分を時々やめましょう。怒られたとき、体調不良といって帰ってしまうことも有効です。また、疲れたときは遠慮せずに会社や仕事など休みましょう。

 

 

*1:自己顕示欲とは、自分の存在を多くの人にアピールしたいという欲求